期限内での相続放棄をサポートする司法書士|債務整理に頼れる味方

案内

負担なく手続きが行なえる

法律

相続問題として多くの人が悩むことといえば、土地家屋の相続に関することでしょう。相続登記を行なうことで、故人の土地家屋の名義変更ができますが、多くの人はどのような手続きを行なえばよいかわからないでしょう。税理士事務所に相談することで問題なく手続きが行なえます。

View Detail

相続税での問題

相談

京都の税理士事務所では、土地家屋などの相続税への適切な対処をおこなってくれます。相続税対策として有名なのが生前贈与ですが、生前贈与はきちんとした手続きを行なわなければ贈与税が発生することがあります。京都の税理士事務所に相談し、正しい手続きで名義変更しましょう。

View Detail

借金相続を放棄する方法

女性

家族の誰かが亡くなった場合、故人が所有していた資産は親族に相続されることとなります。所有していた土地や家屋、車や貴金属など、一定の価値があるものはすべて相続の対象となるため、相続といえば金銭的な利点が得られるもの、というイメージを持つ人は多いでしょう。しかし相続は決してプラスの面だけには働かず、マイナスの相続を行なうこともあるのです。マイナスとなる相続といえば、借金の相続が挙げられます。故人が抱えていた負債も、故人が亡くなった場合は親族が肩代わりしなければならなくなるため、問題となるのです。借金などの負債の相続を避けるために、利用ができるのが相続放棄です。家庭裁判所できちんとした手続きを行なうことで、借金の相続放棄を行なうことができるでしょう。

しかしながら、借金の相続放棄は簡単に行なうことはできないものです。必要となる書類も多く、さらにきちんとした書式に従って記載しなければ裁判所も受け取ってはくれません。この相続放棄は三ヶ月の期限の間にしか行なえないという決まりがあります。三ヶ月の期限を過ぎてしまうと、裁判所での手続きの受理は行なってもらえなくなるため、故人の残した重い借金を背負わなければならなくなるのです。三ヶ月の期限の間にきちんと相続放棄を行なうためには、スムーズに手続きを行なう必要があります。専門の司法書士事務所に相談することで、期限内にきちんとした書類を用意できるので、相続放棄を行なうことができるでしょう。

借金の負担を抑える方法

弁護士

債務整理は、借金の支払いが難しい場合に行なえる方法です。任意整理であれば、利息制限法を超過した利息を抑えてもらうことを行なえます。素人では手続きは難しいものとなるため、司法書士に相談し、適切な手続きを行なうようにしましょう。

View Detail